サロンの前に…メカニズムを知ろう!

今、女性から注目を集めている脱毛サロン。

 

面倒に感じる毎日のムダ毛の処理が要らなくなると、今、広く人気を集めている美容法です!

 

でも、注目を集めている光脱毛ですがその前に。

 

これを読んでるみんなは、自分自身の体に生えている体の毛が、どんな仕組みでどんな
構造かわかってる?

 

脱毛サロン以前に、まず毛の仕組みをわかっているのがかなり大切なことです。

 

自分の体毛について持っているかどうかで、脱毛サロンに行った時も不明点をはっきりと聞けます。

 

とは言うものの、自分の体毛について知ってて脱毛サロンに行く人はあんまりいないみたい…
だから、ここのページではみんなの体に生えている体毛について纏めてみたいと思います。

 

 

毛根部って何?

とりあえず初めに毛がどんな構造になっているか紹介するね。

 

こうしてページを読んでいるみんなに生えてきている体毛は、表皮から上のところを「毛幹」、
お肌の部分から奥にあるところを「毛根」と呼びます。さらに下、毛根の元毛根の部分の
丸くなったパーツを「毛球」と呼ばれ先端には「毛乳頭」というところがあります。
ここには毛乳頭は毛細血管を伝って栄養などを吸い上げて体の毛を長くさせる役割を負っています。

 

このことから、毛が伸びるには体毛の全体の中でも毛根、詳細に言うと最深部の毛球の先っぽの
毛乳頭が重要と言われるのです。

 

このようなわけで剃刀などを使って、見えてる部分を剃毛したとしても毛乳頭の部分が
残存していると体毛は生えてきてしまいます。

 

さらには毛乳頭は「毛母細胞」というものが生成する役割を担っています。

 

以上のことから強力な毛抜きで毛を抜き、毛乳頭を除去したとしても
毛母細胞と呼ばれるパーツがそのままになっていると毛乳頭ができるので
さらに毛が生えてくるのですね。

 

 

毛のメカニズムと周期

体に生えている毛は生える、抜ける、すこし何もない時があって、
ふたたび長くなるという風にというになっています。

 

毛の成長期は細い血管から毛乳頭の所まで養分が運ばれてきて毛母細胞の所まで行くんだ。

 

それで毛母細胞の部分の細胞の分裂がどんどん分裂して毛球が作られるのです。

 

この流れで毛母細胞がこのように分裂しちゃって、さらに体毛になって見えちゃうとこまで
しっかり長くなってしまうのです。

 

さらには体毛の成長する速さは部分によって差異が出てきます。

 

髪は早く成長し1日に0.3mmほど伸びます。

 

ついでに脇の毛も予想より早く成長し1日で1/3mm程度成長します。

 

また、眉毛とかまつ毛とかはゆっくりと伸びて24時間で1/10mmほどしか伸びません。

 

以上説明したようにひとくちに毛というもののその伸びる速さは差があります。

 

 

毛周期について

さらに、さっき言った毛はどんな周期をたどるのか、ちょっとだけ詳細をお話しします。

 

先ほどのところで毛は生えること・抜けること、生えることを
ぐるぐる繰り返していると紹介しました。

 

丁寧に言うと体の毛には休憩・成長・退行と新しい体毛が生えるための周期が3つ存在するのです。

 

休止期の毛は皮膚の見えない部分で次に生えようとする体毛が生えてこようと休みの期間です。

 

成長期で成長するために必要な養分を取り込んでぐんぐん成長します。

 

退行期になるとムダ毛と毛乳頭の結合が弱くなり離れたのち、抜け落ちる時期です。

 

そのような理由で伸びる時期の毛を抜いた!と思ってもお肌の下のわからない部分に
この後生えてこようとしている毛が待っています。

 

以上のようなわけで一生懸命抜毛しても周期がくると待ってた毛が長くなってしまうのです。

 

その上上で見えているのは全部の30%ほどしかないのです。

 

さらに、毛周期は体の場所ごとに少しだけですが変わってきます。

 

体の中で中でも抜けるまでの周期が長くかかるのが髪の毛で成長する時期は3〜4年ほどで、
抜ける時がくると自然に抜けていきます。

 

さらに詳しく言うと頭の毛は約50本ほどが1日で自然に落ちるとって言われてるんだ。

 

そんでもって体の部分と顔の部分だと顔の毛の方が間がないようです。

 

顔にあるほとんどの毛が2ヶ月くらい。

 

体の毛は毛の周期として3ヶ月。

 

そのような理由から体中の毛を一時にケアしても顔のとこの毛が早く伸びてきます。

 

 

毛、その役割

ムダ毛。ムダって言われていてもちゃんとした役目を持っています。
その役について話します。

 

人に生えている体毛には、

 

1.皮膚の保護機能
2.保温・断熱機能
3.感覚機能
4.紫外線防止機能

 

の4つがあります。

 

まず、皮膚の保護機能は物理的な接触からガードしてくれる役目を指しています。

 

例をあげましょう。

 

頭部は髪の毛が脇は腋毛がこすれちゃうのを防いでくれるのです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒いところで体温の低下を防ぎ、そうじゃなくて強い光が当たるところで暑さを防いでくれる遮断します。

 

さらに、感覚機能です。ちょっとだけだけど体毛は感覚を察知する機能があります。

 

体毛を処理すると、感覚が弱くなるって話もあります。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

我々の毛には太陽から降り注ぐ紫外線を守るって役目もあるんだ。

 

まとめたようにムダだと思っていてもきちんとその存在意義があるのですね。

 

 

知識を持ってサロン選びを

私たちの毛について説明しました。

 

体毛がどうなっているのか
ムダ毛ってどんなものなのかわかっていただけましたか?

 

毛のことを知ってると光脱毛って何かサイクルを聞きやすくなります。

 

サロン選びの際にきちん役立つこと間違いないと思います。

関連ページ

自己処理よりサロンが選ばれるのはどうして?
自己処理よりサロンが選ばれるどうして?最近流行りの脱毛サロンですが、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなどサロンは自己処理より効きます。脱毛サロンでの脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。
脱毛サロンが1回で施術が終わらないのはどうして?
脱毛サロンが1回で施術が終わらないのはどうして?主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛サロンが1回で施術が終わらないのはどうして?分からない方は是非ご覧ください。